貸事務所と賃貸オフィスをお探しなら【ガツガツ仕事ライフ】

一軒家

ワンフロアの認知度が高い

ワンフロアの規模によって賃料に差が出るようです。

女性

インターネットの普及により、現在は様々ビジネスタイプが生まれつつあります。それに伴って賃貸オフィスの需要も高まっているようです。気になるのは賃料の相場だと思われますが、立地などによってその賃料は差があるようです。またワンフロアの規模によっても差があるようです。一般にワンフロアの規模が大きいほど坪単価は高くなる傾向があるようです。ここで一つの例を挙げてみます。東京都の中央区の相場ですが、ワンフロアが200坪以上の大規模なところでは一坪当たり約20000円程度です。また100坪から200坪程度では約15000円程度です。50坪から100坪程度では約12000円程度です。更に50坪未満の小規模では約12000円程度となっているようです。東京都中央区の相場は比較的高めのようです。

ITブームの影響で賃貸オフィスの認知度は高まりました

賃貸オフィス業は1980年代にはすでに誕生しており、バブル期には急激な発展を遂げてきました。しかしながらバブル崩壊後には賃貸オフィスのサービスは低迷してしまいました。その後2000年代に入ると賃貸オフィスはインターネットの普及に伴ってITブームやIT景気の影響を受けるようになりました。新しいビジネススタイルを築き上げる人やSOHOなど小規模の事業を立ち上げる人が増えていくようになり、賃貸オフィスの認知度も広がってくるようになります。 しかし同時に課題も出てきました。いろいろなビジネススタイルが生まれてくると賃貸オフィスのサービスも多様化が進みました。そのため単にオフィスを貸すだけでは顧客のニーズに答えきれなくなってきているようです。